CYCLONE-501BO -Real Binary-
システム開発背景

今が稼ぎ時なのか?

あるミーティングの席において、元証券マンのメンバーより、ふと、何気なく発せられたこんな言葉がありました。

「投資商品というのは、まだマーケットが整備され、飽和していない時の方が大きく稼ぐことができる」

彼曰く、海外ワラントでも外国為替取引でも「投資効率がよく、大きく稼げる」といったことから、一般の個人投資家が、こぞって参加してきました。

そして、市場が整備され、飽和してくると必ずといっていいほど、個人の参加者が、大きなリスクを被ることのないよう保護するために、様々な規制が施されます。

そのような経緯を経て、結果的に個人投資家は稼ぎにくくなってきいくという経緯があるそうです。


例えば、大手証券会社等を通じての外貨建てワラント取引などでは、高リスクために、預かり資産が数千万以上なければ、取引ができないといった社内規制が入ったり・・・・

最近では、国内の外国為替取引業者に対して金融庁よりレバレッジ規制が入り、高レバレッジでの取引ができなくなってしまったり・・・・

といった具合です。

「大きく稼げること」を知った個人投資家が、そういったマーケットに「我も我も」と数多く参加し始めます。

それに伴い、金融情報や投資に関する知識の疎い、一発勝負を好む、とても投資家とは呼べない様な、いわゆる「博打」的な個人も増えてきます。

つまり、機関投資家や法人投資家と比べて、遥かに投資資金が乏しい個人投資家では、たとえ、知識やスキルを身につけていたとしても、結果的に「参戦しづらくなっていく状況になってしまう」ということらしいのです。

私は、その前述の彼の言葉について、「確かに、その通りだ。」と思うと同時に、実は、ある閃きが頭の中を過ぎったのです。

それは、昨今、「バイナリーオプション」という金融商品のことが徐々に知られ初めてきているようですが、この投資商品には、これまで私が積み上げ蓄積してきたFXや日経225指数先物の経験やノウハウが活かせるのではないか?

ということでした。

早速、私は検証用のシステム数種類を試作し、調べていくうちに

「もしかしたらこれは、FXなんかよりも稼ぎやすいのでは?」

という上手には表現できませんが、感触めいたものが得られたのです。


勝率の高いシステムなら勝つことができる

実際にあらゆるパターンで検証してみると「業者のペイアウト率は80%前後であっても、相場予測において、勝率の高いシステムさえあれば、勝てる。」ことが、判明しました。
 
トレード自体も短時間の勝負で、時間効率も良く、しかも、決済のことを考える必要もないので、エントリーだけに集中できるといった大きなメリットも実感できました。

そして、協力者との公開交渉や本プロジェクト内での様々な面からの改善課題をクリアして、公開させていただくことになったのが、この「CYCLONE-501BO -Real Binary-」(リアル・バイナリー)というシステムなのです。


システム開発経緯へ


▲PAGE TOP

H O M E
バックテスト結果
フォワードテスト結果
システム開発背景
システム開発経緯
ロジック
システムの使用法
システム詳細
注 意 点
特   典
価   格
お申し込み
Real Binary2
入門書の無料お申し込み
自動売買化ツールについて
公式ブログ
特定商取引に関する表記
プライバシーポリシー
Copyright©2011 Trade Cyclone Inc. All rights reserved.