CYCLONE-203EU -Scal 24 Hours (Impulse)-

HOME  フォワードテスト結果

バックテスト結果
フォワードテスト結果
システム開発背景
システム開発経緯
売買ロジック
注 意 点
システム構成・特典・サポート
システム販売価格
正規版お申込み
デモ版お申込み
特定商取引法表記
プライバシーポリシー
フォワードテスト結果

それでは、フォワードテストをご覧ください。

こちらをクリックしてフォワードテスト詳細をご確認下さい。
FOREX.com Japan リアル口座 ※5分更新(2011.05.27〜)


まず、バックテストとの成績が乖離していないのか確認して下さい。

「iBands-Neo」を公開した時に、ある事実について指摘しました。

メタトレーダー4では、ティックデータを模造してバックテストを行っており、スプレッドとスリッページを正確に再現することは不可能であるため、バックテストをフォワードテストは異なることです。

バックテスト結果との乖離が大きければ、そのシステムは意図的にカーブフィッテイングが施されており、見せ掛けだけの虚飾に満ちたシステムだと判断できます。


なお、「Scal24Hours(Impulse)」は、「iBands-Neo」のような日本時間の朝にエントリー時間を限定したものと比較すれば、取引頻度の多いスキャルピングEAになります。

スキャルピングのように、高いレバレッジで運用することを前提にした取引頻度の多い自動売買システムは、大きなスプレッド負担を避けることができません。

それで、長期的な観点から見て、ブローカーの相違が大きなパフォーマンスの差となって表面化してしまいます。

運用先ブローカーを選択される際には、スプレッドが狭く、約定能力にも問題がなく、全般的に有利な取引条件を提示しているといいった多角的な視点から総合的に分析する必要があります。

改めて、運用システムの取捨選択と同様に運用先ブローカーの選択は、極めて重要になってくることを強調しておきます。


システム開発背景へ

▲ページの先頭へ

l トップページ l バックテスト結果 l フォワードテスト結果 l システム開発背景 l システム開発経緯 l 売買ロジック l
l 注 意 点 l システム構成・特典・サポート l システム販売価格 l 正規版お申込み l デモ版お申込み l
l 特定商取引法表記 l プライバシーポリシー l

Copyright©2011 Trade Cyclone Inc. All rights reserved.