フォワードでの成績は?

まずは、フォワードでの成績をご確認下さい。

2010年5月31日から3通貨ペアで運用開始して、元資金100万円が下のBALANCEという部分に表示されている金額まで増えました。

※画像をクリックすると随時更新されている詳細な成績をご覧いただけます。






いかがでしょうか?

かなりのハイ・パフォーマンスを証明できているのではないかと思います。

尚、こちらのパラメータ設定値は、私独自のものですが、ご購入者さんに対しては、その設定値ファイルも無料で差し上げております。



いつもお世話になります。
プログラマー小池です。

では、まず最初に「メガスキャル 正規版」を既にご利用中のユーザーさんからのメールを簡単にご紹介します。


ユーザーさんからのメールです。

パラメータは変更していません。

小池様

お世話になります。
○○です。

メガスキャルは、運用時間だけ変更して、パラメータは変更なく使用しています。
1日のトレード回数は3回~5回位です。

小池様のおかげで毎日少しずつ利益が増えていっています。
ありがとうございます。

超、絶好調ですよ。。。

小池様

ご無沙汰しております。○○です。
いや~、メガスキャル、超、絶好調ですよ。。。
介入の前も、その後も、全く問題ナッシングですよ~。。

特に、FOREX.COM(UK)での運用がピカイチですよ。
メガスキャルとの相性抜群です。
私が、紹介した□□様もメガスキャルの愛用者ですが、
「おりこうさんEAだね!!」と大絶賛です。

自分なりにいじくり倒して独自の設定を作り、運用していますが、
資金に対してのロット数やナンピンする数、
その他のパラメータの設定を時間をかけてオプティし、
良い成績の設定ができると感動もんです。

私の場合、多額の資金は投入せず少額からいかに増やすかを目的としていまして、
まぁ、普通は1000ドル位から。500ドル~のときも多いです。

このたび、FXDDの口座で違うEAで運用していた死にかけ口座があり、
ズバリ、70ドルしか無かった口座を手動で150ドルにまで増やし、
そこから、メガスキャルで運用しようともくろんでいます。
マイクロのレバ400にしてある口座でしたので好都合です。

何日か前から、150ドル~運用できる設定を研究しついに完成しました。
一応、バックテストのレベルではありますが、
150ドル資金スタートで5か月間程度回して、
獲得金額1800ドルオーバーの設定が出来ました。

150ドル資金がもし、順調に増え1000ドルになった時点で、
又、レベルアップした設定に切り替えれば、
さらにいい設定で運用できるのではないか?と思っています。
まぁ、口座死亡しても元々、死にかけ口座でしたので全く問題ありません。

メインの運用口座は、FOREX.COMが稼働していますので、
それは、前記したように、超、絶好調です。

弟もさらに好調のようで、当初FOREX.COMの口座で、確か350ドル程度からメガスキャルを始めた口座が、もうすぐ3000ドルになる勢いです。

ギガスキャルのご案内もいただくのですが、
あまりにもメガが好調なためすみません、ギガのことは忘れそうでした。(笑)

これからも、よろしくお願いします。。

未来の可能性が見えてきています。

小池様

○○です。
正式版を購入いたしましたのでご報告がてらメールさせていただきます。

まず最初にお礼を申し上げたいと存じます。
メガスキャルさんという優秀な人材を雇えたことに対してです。(笑)

今月のドル円は波乱な動きでしたね。
それでもEUR/GBP,USD/CHF(5分足)で
それぞれ500pips以上合わせて1000pips以上とれてます。
金額換算いたしますと100万に対して上記2つで10万7千円ほど。
USD/PNがマイナス5万ほどなので、トータルで5万プラスです。

通貨ペアを指定しているEAが多い中、複数通貨ペアの組み合わせで利益を出せる
しかも相互補完しているところがすごいです。

しかもUSD/CHFは推奨通貨ペアではなかったですね。
(正式版のマニュアル読んで気がつきました。)

正式版マニュアルを読んであまりの設定の細かさに驚きました。
それと同時に私が欲しいなと思い、ご質問させていただいた機能が既に搭載されておりました。(取引時間外での強制決済機能)

それにトレンドフォロー型の設定もできるなど、通貨ペアや時間足次第で”攻め”のFXも可能だと思いました。
目の前に大きな可能性が広がった感動をお伝えしたい!という思いであふれております。

上記で”攻め”と表現しましたが、お試し版の複数通貨ペアでの検証を行って思ったのが、”守りに強い”ということでした。各通貨ペアで損益を補完してくれることからです。

そういう意味では今月のドル円相場はいいサンプルになったと思います。

来年度からは1通貨あたり10万、5から7通貨ペア(&時間足)での運用を検討しております。
来年3月からは100万オーダーの運用も視野に入れております。

これだけの機能があれば、複数通貨ペア&時間足でのポートフォリオが十分組めますね。
正直な話、これまでのFXでは苦痛な面が多々ありました。
今回のメガスキャルのお試し版での検証で多少ですが、楽しむFXができたと思います。

いや~だから優秀な社員というか秘書ですね。僕にとっては。

来月からはオフィスと自宅PCフル稼働で複数通貨ペアでの検証や
資金を少なくした破綻テスト(通称:いじわるテスト)を実施する予定です。
ブログにも書きましたがODLを使った100万で10万通貨単位という暴挙でも破綻しなかったのはすごいと思いました。(笑)
しかも攻めのドル円1分足です。

来月もこのパターンよりややゆるいですが、
実績があったEUR/GBP、USE/CHFのポートフォリオで検証したいと考えてます。
多分、オフィスと自宅合わせて10個位MT4を稼動させると思います。
同じ設定でFOREX.comのJPとUKを比較したりすると思います。
#資金分散もリスクヘッジの一環ですからね。

それ位、今の自分には未来の可能性が見えてきてます。
いや~本当にありがとうございます。

好調です。

プログラマー小池様

いつも大変お世話になっております。
メガスキャル購入者の○○と申します。

お陰さまでメガスキャルは好調です。

現在いろいろな通貨で試させていただき
大変良い成績をおさめさせてもらって感謝しております。

推奨設定ではないですが、
ドルとシンガポールドルなどの組み合わせなども調子いいです。

ありがとうございます。

無事に動作開始しました。

小池様

先日は設定について親身にサポートしていただきありがとうございました。

ご指示のとおり設定変更しましたら
何とかEAが無事に動作開始して利益を出しています。

今後とも面倒をかけることもあるかと存じますが
その節は何卒サポートの程、よろしくお願いします。


いかがでしょうか?

ユーザーさんの反応は、ざっとこんな感じです。


「メガスキャル」とは?


「メガスキャル」は、相関関係が強い通貨ペアを、レンジ相場になりやすい時間帯に限定して稼働させる、相場の反転を狙った逆張りスキャルピングEAになります。

この逆張りにナンピン機能を付加して、仮に相場の反転予測を外したとしても、次の反転を狙ってナンピン・ポジションをエントリーします。

すべてのポジションの含み益、含み損をリアルタイムで計算し、目標の利益額に達成すれば、すべてのポジションを決済して利食い処理をします。

また、含み損が設定した最大損失額に達すれば、すべてのポジションを決済してロスカット処理も行います。

以上が、「メガスキャル」の大まかな特徴になりますが、これから詳細を説明します。


相関関係が高いと

相関関係とは、ある通貨の値動きの変化に応じて、鏡のように同調して同じ値動きをする割合をいいます。

「+(プラス)1」であれば、100%同調した値動きをとるという意味です。

ある通貨が値上がりすると、ほぼ同時に値上がりするという通貨との相互関係を、相関関係が高いとか、順相関の関係にあると言います。


逆に、「-(マイナス)1」であれば、100%逆の動きをとるという意味です。

ある通貨が値上がりすると、逆にほぼ同時に値下がりするという通貨との関係を、相関関係が低いとか、逆相関の関係にあるということです。


地政学的に関わりの強い国家間の通貨ペアでは相関関係も強く、レンジ相場を形成している確率が高いのです。

なぜなら、国家間の実需関係も絡んで通貨ペアのレートも決まってきますし、各国の中央銀行による為替レートの介入もあるからです。


また、一般的にクロス円ではトレンドを発生させることが多いですが、有事の際に資金の逃避先として選ばれるスイスフランとかドルや円などの通貨ペアは、USDJPYやCHFJPYなど、レンジ相場を形成しやすいので「メガスキャル」での運用に適していると言えます。

他にも、

EURGBP
EURCHF
USDCAD
AUDNZD
AUDUSD

というような通貨ペアは、相関関係が高くレンジ相場になりやすいので運用するのにお勧めです。


時間帯別の傾向としてボラが違う

また、日本時間において朝の時間帯では取引が閑散として、ボラティリティが小さくなります。

統計をとれば分かるのですが、日本時間の朝の時間帯などは取引量が少ない状態です。

トレンドが発生しにくくなり、値幅の狭いレンジ相場となっていることが多いのです。

FX取引の経験が長ければ長い程、値動きに傾向があることに気付かれるのではないでしょうか。


もしも、レンジ相場になりやすい通貨ペアと、値動き幅の狭い取引時間とを選択して、相場の反転を狙うような逆張りスキャルピングをしていけば、小さな利益を積み重ねていくことが十分に可能となります。

ブローカーから送られてくる取引量の情報を取得して、一定の取引量以下でなければ取引しない機能もありますので、トレンド相場が発生しにくい相場環境のみでトレードする設定にすることができるということです。


時間帯によって、取引量が極度に増え取引が活発になり、トレンドが発生しやすくなり、逆張りスキャルピングシステムは、トレンド相場になってきますと負けトレードのリスクが増えてきます。

しかし、

「メガスキャル」には、取引時間を設定する機能も付いています。

私の推奨する設定は、取引時間はロンドン時間が終わった後(日本時間の24時前後)から、翌日のロンドン時間が始まる前(日本時間の16時前後)までです。


ただし決済されるまでに時間が少々掛かることを考慮して、エントリーする時間帯は午前中までにしておくべきだと考えます。

そして、設定した取引時間内にエントリーしたポジションを、クローズせずに取引時間外に持ち越してしまった場合でも、ポジションを仕切って決済する機能もあります。

「メガスキャル」に設定された通りの仕切りを実行します。

なので、損切りをしないまま含み損が膨らみ続けたり、決済を完了できずに利食いできず結局損失を出してしまったりということはありません。


ナンピン・ポジションを多重にとる

「メガスキャル」が、よくある逆張りスキャルピングEAとどこが違うのかと言えば、ナンピン・ポジションを多重的にとるということです。

そして、相場の反転を狙って少しの反転も見逃さず利食いする逆張り系ナンピン・スキャルピングEAなのです。

「メガスキャル」は、数多くのテクニカル指標を使って過剰にフィルタリングされた選りすぐりのエントリー・ポジションでエントリーするといった高勝率スキャルパーとは、系統が違います。


まず、「メガスキャル」のパラメータ設定画像を載せますので、ご覧下さい。



ナンピン・ポジションを設定するパラメータが並んでいます。


[Additional_Pips_buy_02]

2つ目の買いポジションを取る(ナンピンする)際に、1つ目のポジションから何Pipsレートが離れたらエントリーするかを指定します。

[Additional_Pips_buy_02]から[Additional_Pips_buy_20]まで設定が可能ですので、最大で20ポジションの設定することができます。


同様に、売りポジションについても

[Additional_Pips_sell_02]から[Additional_Pips_sell_20]まで設定が可能です。


確かに、どこかで相場が反転すれば利益が取れるわけですが、ナンピンをして大きな損害を受けたという経験があって、いつかは破綻する手法なので避けるべきだと思っているかもしれません。

ナンピンとスキャルピングとを組み合わせた手法なので、通常のナンピン手法と比べて加速度的に破綻してしまう恐れがあります。

しかし、逆に言えば加速度的に利益を出す可能性があるので、リスクを回避しながらナンピン手法で利益を出すための仕組みを考えてみたのです。


リアルタイムにトータルの損益を計算して

そこで私は、「メガスキャル」に数多くあるポジションの含み損や含み益をリアルタイムにトータルの損益を計算して、利食いや損切りを行うロジックを組み込み、リスクを軽減できるようにしました。

具体的に言うと、「メガスキャル」にトレードの最大利益額を指定して、すべてのポジションを決済して利食い処理をする機能を搭載しました。

そして、損切りにも同様にトレードの最大損失額を指定して、すべてのポジションを損切り処理する機能を付加しております。


この2つの機能は、すべてのポジションを1つのポジションとみて、利食いや損切りを行います。

もちろん、1つ1つのポジションに利食いや損切りの設定もできますが、トータルの損益を常時把握しておくことで、利食いのタイミングを逃さないのです。

利食いは、[TakeProfit_TotalProfit]というパラメータで、損切りも同様に、[StopLoss_TotalLoss]というパラメータを使って設定が可能です。

このように、複数のポジションの資金管理しながら利食い処理を行うのです。


シンプルなエントリー条件で取引回数を増やす

「メガスキャル」は、ストキャスティングとEMA(指数移動平均)というインディケータを使ったシンプルなエントリー条件で取引回数を増やしています。

そうすることで、トレード・チャンスを増やし短期間に利益を出すことに成功しています。

勝率のみではなく取引回数を増やしていって、少しずつでも利益が積み重なる取引を繰り返すことを目指しているのです。

パラメータを使って細かく設定できますし、バックテストをすることも可能ですので、通貨ペアやブローカーに応じて最適化された設定を見つけてから使って頂くこともできます。

私の方でも、各通貨ペアとブローカーに合わせた設定ファイルを用意しておりますので、参考にしてみて下さい。


下記にあります各通貨ペアの1分足用、5分足用の設定ファイルを、ブローカー用にカスタマイズした設定ファイルも用意しました。

以下の通貨ペアと各ブローカーのものになります。


通貨ペア

USDJPY
EURGBP
EURCHF
USDCAD
AUDNZD
AUDUSD

設定を用意したブローカー

Alpari(UK)、Forex.com(JP)、FXCM(UK)、ODL(JP)、FxPro、FXDD(Malta)


今回、ブローカー毎の設定を用意させていただきました。

利益の出せる有効な設定を検証して発見するためにバックテストやフォワードテストにかなりの時間が取られました。

しかし、今回提供する設定は労力を掛けなくても利益が出せる設定になったと自負しておりますので、ぜひ運用する際の参考にして頂ければと思います。

実際に、利益を出せる設定を教えて欲しいという声は多いのですが、今回の付帯サポートは「投資顧問契約」ではありませんので、事前にご用意したということです。


すべての要望を追加搭載

加えて、「メガスキャル」に新たな機能を追加して欲しいという要望が、実は非常に多いのです。

ユザーさんからのすべてのご要望を機能に盛り込んで追加してきました。

もちろん、理論的に実現可能な機能のみですが。


継続的に新機能を追加していき、ブラッシュアップしてきました。

今後もブラッシュアップするための労は惜しまず、どんどん機能追加をしていく予定です。

それだけ、「メガスキャル」は成長する可能性が大きい有用なEAだと信じています。


その追加された機能にはいろいろありますが、まず初めに紹介するのが、売りと買いを逆にエントリーする機能です。

これは、標準の機能でしたら逆張りポジションをエントリーしていくポイントなのですが、ナンピンをすることが確率的に高いのであえて順張りでエントリーしていく機能になります。

標準でしたらナンピンをするべきところで逆に利食い決済をすることが可能になる機能です。

「メガスキャル」は、本来でしたら値幅の狭いレンジ相場で逆張りをすることが想定されているEAです。

また、シンプルなエントリー条件を採用しているので、相場の反転ポイントが「ダマシ」となることも多いのです。

それならば、逆に値幅の狭いレンジ相場で小さなブレイクアウトを利食いすれば、利益の出やすいトレード手法と言えます。

レンジ相場は、逆張りでエントリーしなければならないとは限りませんし、逆張りでないと儲からないという発想も根拠のない思い込みではないでしょうか?

搭載機能は今後も増加

他にも、「メガスキャル」の愛用者の要望で、追加される機能は今後も増加します

「メガスキャル」に追加された機能は数多くありすぎて、全ての機能とパラメータを説明することはできません。

そのなかで、重要な追加機能だけを選んで紹介していきます。


私が特に重要だと思っている機能は、ボラティリティが高いときに取引しない機能です。


「メガスキャル」が利益を出しやすい相場のパターンというのは、極めて値幅の小さなレンジ相場です。

取引量が少なくてレンジ相場になりやすい時間帯であっても、ドバイショックの時などのように日本時間の朝に緊急の指標発表がされることが稀にあります。

このような事態になると、取引量が急激に増えトレンドが発生して大幅な値動き変動になることがあります。

このようなボラティリティが高く価格変動が激しい相場の取引を避けて損失を未然に防ぐために追加した機能です。

しかし、相場に絶対はありませんから、トレンド相場に巻き込まれて損失を出してしまうことがあります。

もし負けトレードとなってロスカットをしてしまった場合、一定時間トレードを行わない機能を搭載してます。

一度トレンドが発生するとそのトレンドが継続しますが、「メガスキャル」はトレンド相場でのトレードを想定しておりませんので、ポジションのエントリーを避けるべきです。

トレンドが終了してレンジ相場へ移行した後に、またトレードを開始するような設定にすることができます。

負けトレードになりやすいトレンド相場が発生している間は、相場から休場しておくということです。

また、周知の事実だと思いますが、金曜日には米雇用統計など定期的に指標発表があり、相場関係者の予測を超えるような数字が公表されると、相場が大きく揺れてトレンド相場になります。

そのような相場で、レンジ相場を得意とする「メガスキャル」を稼働させると、損失リスクが高くなってしまいますので、

曜日を指定してトレードを避ける機能を追加しました。

週明けの月曜日も大きなトレンド相場を発生させやすいので、トレードを避ける設定にしてもよいかもしれません。

もちろん、為替相場が休場しているときであっても、何かの経済発表がされることもあります。

その経済発表が市場に対する衝撃が大きければ大きい程、週明けには大きなトレンド相場となる可能性が出てきます。

小さな値幅を狙う「メガスキャル」が週を持ち越してポジションを保有し続けるのは、週末の間に価格が跳んでしまう可能性があり非常に危険です。

週明けに大きな窓開けが発生した場合に、それが上に窓を開けるのか、それとも下に窓を開けるのかは、誰にも分かりません。

発表された情報が、プラス材料なのかそれともマイナス材料なのかは、未来を予測できなければ分からないことなのです。

このような丁半博打のようなリスクを回避するために、

週末にポジションを決済する機能を追加しました。

安全性を考慮したリスク回避的な運用ができるでしょう。

また他にも、長期休暇を取るのでFX相場を休みたいとか、ある期間のみ相場が荒れると予想していて、「メガスキャル」での運用を止めておきたい期間が決まっている、というような要望もありましたので、長期休暇の日程を指定してトレードを避ける機能を付けました。

ファンダメンタルを研究していけば、トレンド相場が発生しやすい時期があることは容易に理解できると思います。

これで、事前に長期休暇を設定しておけば、気まぐれな荒れ相場に振り回されずに相場を休むことができます。

「休むも相場なり。」という格言があるくらいですから。

ただ、休んでばかりでも利益が出ませんが、他の事が忙しすぎてチャート画面をずっと眺めている人はいないでしょう。

チャート画面から離れていても、「メガスキャル」の取引結果をいち早く知りたいという要望もありましたので、自動売買結果のEメール通知機能を付けました。

これで、売買結果が気になって他の事に手を付けられないという不安はなくなります。

そうかと思えば、チャート画面を目視して裁量トレードをしているので、メール通知は必要ないという方もおられます。

そのようなFX専業者からも、「メガスキャル」で運用して利益を出しているという嬉しい報告を頂きます。

FXを専門でやっているのもあって、毎日の市況から正確に相場のトレンド方向を検知できる人が多く、トレンド方向に従って、ロングポジション(新規買い)のみでエントリーする機能と、逆にショートポジション(新規売り)のみでエントリーする機能が欲しいという要望を受けました。

もちろん、その要望にもお応えして、買い専用モード、売り専用モードを指定する機能を追加しました。


これで、より儲かりやすくなっているのではないでしょうか?


「負けることができるナンピンEA」

「メガスキャル」には、まだまだ追加された機能はありますが、数が多すぎてすべてを書き切ることはとてもできません。

もし、私が「メガスキャル」を一言でいうとすれば、「負けることができるナンピンEA」と表現することができます。

ナンピンが破綻する手法だと思い込んでいる人は多いのではないでしょうか?

本来、数pipsを細かく抜いていくスキャルピングと、含み損を許容するナンピンが同時に成り立つはずがないと、思われているかもしれません。


しかし、スキャルピングとナンピンは、非常に相性が良いのです。


一定期間に、勝てる売買の頻度を上げていくのかが、儲かるポイントです。

そして、リアルタイムに含み損益を監視して瞬時に利食いや損切りを実行します。

コツコツと利益を積み重ねる裏で、限定的な損失を何度も何度も発生させるのに、月利数10%という暴利を貪れる訳です。


つまり、ナンピンによる限定された損失は、あなたが利益を得るための正当な対価なのです。


それでは、まとめます。

すでにご案内している資料で、正規版に搭載されている機能などについても十分ご理解いただいていると思いますが、お申込を確定される前に、商品の内容を今一度ご確認ください。

システムの詳細をほとんど説明しない業者が多いので、一線を画す意味でもきっちりと説明しています。


今回のソフトウェアにつきましては、ご購入者本人がご使用になられる場合には、ご使用口座数を敢えて制限しておりません。

ただし、第三者や違法コピー販売(交換)サイトなどへの無断譲渡につきましては、その行為自体が違法となりますので、メルマガなどですでにご案内の通り、その違法行為を発見次第、事前の警告もなく直ちに弊社顧問弁護士が法的措置をとりますことご承知おきください。
(それらの違法行為は、担当者が常に厳しくチェックしておりますし、発見者からのご通報も受け付けております。)



商品構成ファイル

さて、今回あなたが受け取る「メガスキャル正規版」は、下記のファイルで構成されています。

・自動売買用EA本体(MEGA_SCAL_v1.11.ex4)

・業者・通貨ペア・時間足別パラメータ設定ファイル
- USDJPY1分足用設定(MEGA_SCAL_USDJPY_M1_0.1lot.set)
- USDJPY5分足用設定(MEGA_SCAL_USDJPY_M5_0.1lot.set)
- EURGBP1分足用設定(MEGA_SCAL_EURGBP_M1_0.1lot.set)
- EURGBP5分足用設定(MEGA_SCAL_EURGBP_M5_0.1lot.set)
- EURCHF1分足用設定(MEGA_SCAL_EURCHF_M1_0.1lot.set)
- EURCHF5分足用設定(MEGA_SCAL_EURCHF_M5_0.1lot.set)
- AUDUSD1分足用設定(MEGA_SCAL_AUDUSD_M1_0.1lot.set)
- AUDUSD5分足用設定(MEGA_SCAL_AUDUSD_M5_0.1lot.set)
- USDCAD1分足用設定(MEGA_SCAL_USDCAD_M1_0.1lot.set)
- USDCAD5分足用設定(MEGA_SCAL_USDCAD_M5_0.1lot.set)
- AUDNZD1分足用設定(MEGA_SCAL_AUDNZD_M1_0.1lot.set)
- AUDNZD5分足用設定(MEGA_SCAL_AUDNZD_M5_0.1lot.set)
  ※上記設定ファイルをAlpari(UK)、Forex.com(JP)、FXCM(UK)、ODL(JP)、FxPro、FXDD(Malta)、用に用意してありますが、設定を変更すれば他社でも使用可能です。

・説明書(PDFファイル)


搭載機能一覧

次に、ユーザー様のご要望をできる限り取り入れてブラッシュアップした追加搭載機能は、下記一覧の通りです。

・FXの自動売買機能
・無期限利用可能
・利用する証券会社の制限なし
・バックテスト可能
・自動売買結果のEメール通知機能
・ボラティリティが高い相場を避ける機能(On/Off切替可能)
・時間帯を指定してトレードを避ける機能
・取引時間外にポジションを決済する機能(On/Off切替可能)
・週末にポジションを決済する機能(On/Off切替可能)
・長期休暇の日程を指定してトレードを避ける機能(On/Off切替可能)
・曜日を指定してトレードを避ける機能(On/Off切替可能)
・一回のトレードの最大損失額を指定してロスカットできる機能
・最大損失額ロスカット後に、一定時間トレードを休む機能
・全ポジションのトータル含み益で利益確定決済する機能
・トレーリングストップ機能
・利益確定、損切りポイントをPipsで指定する機能
・買い専用モード、売り専用モードを指定する機能(On/Off切替可能)
・売り買いを逆にしてトレードする機能(On/Off切替可能)


動作環境

そして、以下がこのEAの動作環境となります。

対応OS:Windows 7, Vista, XP, 2000, ME, 98 のいずれか
※Macでは動作しませんのでVPS等をお使いください。
CPU:1.0 GHz以上
メモリ:256MB以上
HDD:10GB以上の空き容量
インターネット回線:ADSL以上のブロードバンド常時接続環境
必要なソフトウェア:MetaTrader 4、Adobe Reader
説明書を閲覧するために、Adobe Reader が必要です
ExpertAdvisorの動作にはMetaTrader 4が必要です
対応証券会社:MetaTrader 4での自動売買に対応している業者

サポート

最後にサポートについてもご確認ください。

今回のサポートは、システムの設定や不具合などに関するメールサポートのみとなり、お電話でのサポートはお受けいたしません。

また、その期間につきましては、本システムご購入後60日間を基本としますが、それ以降も常識の範囲で誠意をもって対応いたします。

ただし、ご注意頂きたいことがございます。

それは、今回のサポートにつきましては、「投資顧問契約」ではございませんので、投資に関する助言などは、関連法上一切行うことができないということです。

よって、そのようなメールには、お答えできませんことを予めご了承ください。

また、お名前を名乗られないような非礼なメールや要点を得ない意味不明なメール、ご自身でちょっと調べればわかるような質問メール等は、完全に無視しますのでこのこともご了承ください。


商品に関するサポートアドレス:小池 koike@trade-cyclone.com


特典1 無償バージョンアップ

あなたもすでに「プログラマー小池」のプログラム技術は、十分ご存じのはずです。

今回、デモ版ユーザー様のご意見を取り入れて、機敏にシステムを改良したようにこの正規版においてもさらに進化して行きます。

ですので、この正規版でも当該ユーザー様から寄せられたご要望を反映させて、より良いシステムに改良していく予定です。

当然にそのご要望を反映させた、今回のロジックを基にした、いわゆるその時点での「最高傑作」は、正規版ユーザー様に限って、適宜、無償でバージョンアップしてご提供させていただくことを予定していますので、楽しみにお待ちください。



特典2 上位版商品や新商品の特別優遇先行販売

私を信用してお申込みを頂いた方々には、上位バージョンの「ギガスキャル」や近日公開予定の「小池式サヤ取り(仮称)」も特別優遇先行販売価格で優先してお譲りいたします。



価 格

以上の内容で、

「メガスキャル 正規版」の一般販売価格は49,800円(税込)となります。


今回のオファーは、ご購入者本人がご使用になられる場合の口座数の制限もなく、証券会社の制限もないというこの太っ腹な条件で、しかもあなたのご希望が取り入れられる可能性のあるバージョンアップ版も無償となるという特典もついています。

ですので、普通であれば、10万円を軽く超える価格設定としてもいいシステムだと思います。

改めて言いますが、「バージョンアップ版」のご提供は無料となりますので、今回、上記の金額をお支払いいただくだけで、小池の気力が続く限り永遠にこのロジックを基本とした「最新のスキャルピングシステム」をご使用いただけるということになります。


「メガスキャル 正規版」

一般販売価格
49,800円(税込)


ご購入はコチラ


<お支払い方法>
 



限定先着100名様まで

ただし、お譲りできるのは限定先着100名様までとなります。

良質なサポートをご提供するためですのでご理解ください。

※限定数に達した時点で販売を終了いたします。予めご了承ください。

よくあるご質問

Q メガスキャルは、MetaTrader4の使用が必須なのでしょうか?
A はい。
メガスキャルは、MetaTrader4上で動作する自動売買ソフトです。従いまして、MT4対応業者の口座をご用意いただく必要がございます。
Q 推奨の業者はありますか?
A スプレッドが小さい業者で、できれば1000通貨で出来る業者が好ましいので、AlpariやForex.com等が適していると思います。
MT4に対応していれば他の証券会社でも可能です。
なお、特定の業者の口座開設を強要することはございませんのでご安心下さい。
Q 取引時間外にポジションを持ち越す可能性はありますか?
A はい。
初期設定では持ち越す可能性がありますが、取引時間外または週末に決済する機能がついており、パラメータ設定で変更可能です。
Q Windows7はサポートされていますか?
A はい。
Windows7でも動作することを確認済みです。         1                          





追 伸

ユーザー様のご意見やご要望をできる限り取り入れた上で仕上げた結果、これ以上のものがない程の最高のトレードシステムとなっています。

是非この「メガスキャル」を活用し、あなたの資産構築を加速させてください。

あなたからの喜びのメールを待ってます。

「メガスキャル 正規版」

一般販売価格
49,800円(税込)


ご購入はコチラ


<お支払い方法>